2012/11/30

クレジットカードのご使用について

先日当店の商品をカートに入れ、クレジットカードでお支払いを済ませていただいたものの、キャンセルをされ返金しなければならないという事がありました。

当店で初めてこのような事を受けまして、残念ながらこのような方がいらっしゃる限り、カートからご購入の際にクレジットカード払いの選択を出来なくせざるおえなくなりました。
極端な話ですが全部の商品を抑えておく、なんてこともあり得ると思ったらとても怖くなりました。

今のところ、クレジットカード払いご希望のお客様は当店ではほとんどいらっしゃらないのですが、もしクレジットカード払いをご希望の場合は、Paypal というクレジットカード機能と提携している会社へご登録いただき、ご登録いただいたメールアドレスをいただければ、クレジットカードでお支払いができるよ うPaypal経由で請求書をお送りさせていただきます。
ただこの請求書もうちがフランスの会社なものですからフランス語や英語で届くらしいのです。
私も自分が日本語のPaypalサイトから支払う立場になった事がないものですから、そのボタンがどこにあるのかがはっきり説明できないのですが、お客様からのお話ですと日本語に変換できるボタンがあるそうなのです。
日本語に変換されてましたらPaypalの指示に従いご入金を済ませていただく形となります。
それでもうまく行かない場合は、お手数ですが銀行からのお振込みでご入金を済ませていただきますようお願いいたします。
現在は三井住友だけなんですが、春ごろにはゆうちょの口座も開きたいと思っています。

何かとご不便をおかけいたしますが、何とぞご了承くださいませ。
 

2012/11/28

商品到着の遅れについて

もうじき師走。
フランスではノエルと言いますが、クリスマスも近づいて来ました。
クリスマスの時期になるとフランス人達は離れて暮らす家族の為にプレゼントを郵送し始めます。
今の時点(11/27)では、まだ郵便局も混雑はしていませんが、クリスマス間近になると長蛇の列ができます。
それと共に小包の到着の遅れが予想されます。

クリスマスの荷物の遅れは予想できるにしても、最近皆様にお送りした商品の到着が大分遅れているようです。
1週間経っても届きませんとのメールでのご連絡や家に届く日本からの受領書の遅さからして、結構お待ちいただいている方が多くいらっしゃるのではないかと思います。

昨日いつも使っている郵便局へ行くと開店時間なのに、扉が閉まっていました。
中には人がいて、扉の前は人でごった返し。
張り紙がしてあり、「技術的な問題により営業不可能」との事。
20分更に歩いて別の郵便局へ行きましたが、商品の到着の遅れがこの郵便局から出したものだけなのか、それともどこの郵便局でも同じなのか?疑問なところです。
11/13に発送したはずの小包が昨日26日にパリから日本へ向けて出発したとの事。
フランス国内だけで2週間近くもかかっています。(泣)
商品をお待ちのお客様には申し訳ありません。
(フランスの郵便局は謝らないので、私が代わりに)

クリスマスの混雑がまだないフランスの郵便局で何が起きているのでしょうか。
もしかしたらあそこの郵便局だけなんでしょうか??

荷物は郵便局で保管されるわけではなく、毎日時間になるとトラックが来て小包を別の場所に移します。
それ以降に何か問題があるのではないかと思います。
多分パリ側には問題がないのではないかと思います。
しかしながらはっきりした理由はこちらでも分かりません。

お荷物をお待ちいただいているお客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、今しばらくお待ちくださいませ。
現在ご注文されて発送済みのメールをもらっている方のうち保険付を選ばれた方で、2週間経っても荷物が届かないという方はメール、またはお問い合わせフォームからご連絡くださいませ。
お手数をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。


2012/11/07

新商品アップしました!ショワジーの絵皿やスーピエール、サルグミンヌの天使シリーズなどなど

10月、11月に入ってから様々な蚤の市に行きました。
ヴィド・グルニエ(フリマの事)や、プロ用のアンティーク市(ここは高いのであまり買えませんが見るだけで楽しい!)、定期的にある蚤の市などなど。

今回の商品は・・・
 刻印が無いのですが、多分ショワジー・ル・ロワのものではないかと思います。
状態はかなり風化している状態ですが、それでも気品のあるナポレオン3世時代の趣です。

 植物をモチーフにしたレリーフが大変美しい!
蓋にはヒビが入っており、このヒビを隠すためか少し色違いのペンキが塗られていました。
それよりもヒビが見えているほうが自然でカッコイイと思い、ベンジンでペンキは落としました。
それでも隙間には少し残っています。

 こちらは大きな蚤の市で購入したやはりショワジー・ル・ロワのグリザイユの絵皿です。
チュイルリー公園からルーブル宮へ向かう際にある小さい方の凱旋門です。

 まわりのガーランドも美しく、うっとり見とれてしまうお皿です。
実際お店でも長い間うっとりしてしまいました。

 上のはディゴワン&サルグミンヌの小皿。
天使シリーズで7枚あります。
1920-1950年の間なのだそうです。
状態も良く、天使ちゃんのプリントがかわいいお品です。

 これは昔の靴箱。
プロ用のアンティーク市で購入。
フリマなら安く買えるところでしょうが、箱にしては私もお金払いました、(笑)

 でも味があって素敵です。

 上の押し花は、額入りの植物標本で、なんと1873年のものです!
額は新しいです。
 なんでも苔植物に間違われる種類の地衣類という菌類なんだそうです。
でも日本で言う苔だと思います。

 湿気を含む山岳地帯に生息するのだそうですよ。
このカリグラフィー、昔の万年筆で書かれたのでしょうか、素敵すぎます。
こちらもプロ用アンティーク市での購入。
額はいらなかった気もしますが、標本自体がとても素敵です。

そして木製のヴィンテージのハンガーなど、など。
他にもいろんなものあります。
是非見に来てください。
そしてゆっくりいろんなお品を眺めてください。

Grenier i-Decoオンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/

店長 イデコ