2015/02/23

アヴィニョンのレストラン イエリ Hiely Lucullus

買い付けの途中で寄ったレストラン。
皆さんがサンドウィッチなどを食べている時に、こんな所でお金を使って真剣さが足りませんね。笑
でも、良いレストランへ行くのすごく楽しみなんです!

 この日は日曜日。
フランスのほとんどのお店はお休みです。
さすがの都会のアヴィニョンでもレストラン探しは苦労しました。
ネットでもあまり情報がなく、ケバブを食べるかハンバーガーかな。。。?
と思いながら探し続けると。。。

ピーターメイルが書いた南仏プロヴァンスの本の中の登場人物が言った「このレストランには一度も失望させられたことがない」という記事を見つけました。
お、これは行けるかも。
でも日曜日だし(日曜だとメインシェフがお休みでいない事があります)、イギリス人(ピーターメイルはイギリス人ですよね?)のおいしいもののレベルはフランスと違うからな、などど思いつつもここしかないので予約しました。
すみません、そんな言い方で。笑

 と~~っても寒い日で。
北風のミストラル風速130㎞という今にも吹き飛ばされそうになりながら、向かいました。
内装はシックなアールヌーヴォー調?
とても歴史のあるレストランのようです。

 ちょっと暗いですが、上には天使のレリーフも。


 このレストランの為に作っているというシャトーヌフのワイン。
シャトーヌフデュパプにしては軽めなんですが、逆に女性の私にはぴったりでついつい調子に乗って沢山飲んでしまいました。

 アミューズブーシュは豚の内臓か沖縄料理のミミンガみたいな味がしました。
コラーゲンたっぷりでおいしかったです。

 パンおいしくて、たくさん食べてしまいました。
外側はカリっと、内側はもっちりして、日本人好みのパンですよ。
フランスのパンは固すぎて(特にPAULのパンのようなのが)苦手な方にはおすすめです。

 前菜。
キクイモ(Topinambour)ときのこのムースとゴボウの唐揚げ。

 お肉は、確か豚肉だったような。。。
とてもおいしかったのは覚えています。

 栗のデザート♡
後ろに見えているのは、お茶と一緒にいただくお菓子です。
サービス満点♪

2人で100ユーロ+チップ5ユーロみたいな感じでした。
ワインをあまり飲まない人ならば、もう少し安いと思います。笑
コースは31ユーロくらいだったと思いますが、それよりお高いのもございました。

 入口の扉のステンドグラスがきれいだったので、写真を撮らせてもらいました。

 和風な雰囲気はジャポニズムの影響だったのでしょうか。

ずらりとミシュランの本。
今は星ついていないと思いますが、昔は長年星付きのお店だったようです。

このレストランはフランスには珍しく2階(フランスで言う1階)にあります。
1階で呼び鈴を押して上に上がります。
窓際のテーブルならば微妙な仕切りがあって、隣の人の顔も見ることなく日本の個室とまでは行きませんが、邪魔をされずに食事ができるような雰囲気でした。

冬の日曜日は空いている席もありましたが、呼び鈴を鳴らして入るなどの事を考えて予約はしていった方が良いと思います。

アヴィニョンへ寄られる方は、是非お試しを!

アヴィニョン イエリ
http://www.hiely-lucullus.com/reservation.html

2015/02/22

お客様からの嬉しいお便り♪ 

東京のYさまからの嬉しいお便りです♪
先日ご注文いただいていたお客様から優しいお便りと、素敵なお写真を送っていただきました♡
美しいマダムさんのお顔も拝見させていただきましたが、載せられないのが残念です。笑
とても素敵なマダムさんでした。(*^^*)

雑貨やさんができそうなくらいの素敵なコレクションがいっぱいです!(^^)!


無事に届いてくれたのは、赤い刺繍のトーションと、朝顔柄のホーローのミルクポットです。
本当は他に選んでいただいてご注文をお受けしてしまっていたのですが、、、
イデコ店長久々にやってしまいました。
せっかくご注文をいただいたお品物、どうやら売り切れのものだったようなんです。
2日に分けて同じところを2回ずつ、全部見ましたが見つかりませんでした。m(__)m
狭いアパルトマンですので、これだけ探してないという事は、本当にないんです。。。

初めは日本から来た友だちにあげてしまったかもしれない、と思っていましたが、
その後、確か既にご注文をお受けして発送した記憶が蘇ってきました。
言い訳でごめんなさいね。
携帯からご注文をいただくと、ご連絡が取れなくなることが多々ありまして、SOLDOUT!MERCI:)の表示をしてしまうと商品が見えずらくなるため、売り切れを取り消していたんです。
そうすると写真が目立つので、見つけてもらいやすいんです。
しかも、こちらからのメールが届かないとなるとほとんどの方は商品ページに戻ってきていただいているようですので、イデコ店長のメッセージを商品ページの説明欄に残しておくようにしています。
その時にカートに入れられないようにする操作を忘れていたようです。

また発送後にも売り切れ処理にするのを忘れていたようです。
本当に申し訳ありませんでした。。。m(__)m


それなのに、それなのに!
こんなに素敵に飾っていただいて!
おしゃれなアンティーク雑貨のお店みたいです(*'ω'*)

こんな素敵なコレクションの中にも混ぜていただいて。(*^^*)
嬉しいですね~~~。
コレクションを拝見させていただけるのも、アンティークショップへ言った気分になれて、とっても嬉しかったです!
カフェオレボウルとファイヤーキングの素敵なコレクションですね。♡

 ドライのアジサイも嬉しそうです。
良い雰囲気ですよ♪

お客様のお住まいは、パリではありませんので、念のため。笑


南仏のアンティークギャラリーで大人買いした朝顔柄のホーロー、おかげさまで残り少なくなりました。
ありがとうございました!

2015/02/14

グルニエイデコのオンラインショップ 感謝祭PICKUP商品のみ50%オフ 開催中♪ http://ideco.ocnk.net/

2月14日は何の日?
バレンタインデーですね。
おっと、チョコレート買い忘れていたのに気が付きました!( ̄▽ ̄)
(もうバタバタで)

と話がズレそうになりましたが、
2月14日は、バレンタインデーでもありますが、実はグルニエイデコのオンラインショップがオープンした日でもあります。
今年で4周年!
え、4年しか経っていないのですね。
まだまだですね、イデコも。。。

ここまで続けて来られたのも、お世話になっております皆さまのおかげです♡
そこで感謝祭と題してPICKUPおススメ商品の50%オフを開催いたします!
いつもお世話になっている皆さま、もうそうでない方もみんなまとめていらっしゃ~い\(^o^)/


☆ 2/14~2/27までの間
☆ PICKUPオススメ商品のみ表示金額より50%オフ!
☆ 送料は半額分をプラスさせていただきます。
☆ メインページに載っていなくても、PICKUPのロゴが付いている商品は50%オフになります。
☆ 送料は以下をご参考になさってください♪(各商品のページに小包の重さが載っています。)
☆ 送料を多くいただく事ないよう、差額は差し引かせていただきます。

<感謝祭用の送料>
50g以内 保険なし  180円
100g以内 保険なし 215円
250g以内 保険なし 435円
500g以内 保険なし 650円
750g以内 保険なし 800円
1kg以内 保険なし 865円
2kg以内 保険なし 1300円
3kg-5kg 保険付 3850円(定形外の大きさの場合は超過料金をいただきます)
5kg-7kg 保険付 3950円(定形外の大きさの場合は超過料金をいただきます)
7kg以上はお見積りとなります。
※ この送料は感謝祭のみに適応となります。

☆ PICKUP商品は2/27までの間、気まぐれに更新していくかもしれません。。。(*'ω'*)
お取り置きをご希望の方は遠慮なく備考欄にでもお書き添えくださいませ。


 こんなものも。(*'ω'*)

 こんなものも。(#^.^#)

こんなものまで出ております。(*´▽`*)


PICKUPのロゴの付いたものはすべて対象に入ります。
メインページに載っていないものもありますので、蚤の市のように探して探してみてくださいね。
掘り出し物、あります!

店長 イデコ\(^o^)/

グルニエイデコのオンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/

2015/02/12

新商品UPしました♪ 2015/02/12 http://ideco.ocnk.net/

今回はカフェオレボウル特集♡
やっぱりアンティーク界の王道ですね。(*^^*)

 フランス人も大好きなカフェオレボウルです。
日常的に使われてきたものが多く、状態は様々です。

 カフフェオレボウル柄のカップもあります♪

南仏のボウル。

 そしてキュノワたちと


現行品のプロヴァンスキルト、ブティのご紹介もしております。

 プロヴァンスの田舎の雰囲気ばっちりです。

カバー大小、大型クッションカバー、テーブルマットとあります。

どうぞごゆっくりご覧くださいませ。(*^^*)

店長 イデコ

グルニエイデコのオンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/


クレイユモントロー グリザイユのプレート パリの風景 

これ、前回更新に間に合わなかった分です。。。( ̄▽ ̄)

冬らしいかなと思い、冬の内にアップしたかったのですが、まだ寒いからOKでしょうか。
そんな事はどうでも良いですが、美しいグリザイユのお皿たちをご覧くださいませ。

 色の比較的濃い柄のお皿は前回ご紹介させていただき、おかげさまでほとんどが売り切れております。

今回ご紹介するのは、クレイユの古い古いお皿。
色が比較的薄く見えている方のお皿です。


クレイユのお皿たちはおよそ1810年頃のものになります。

 プリントが釉薬の上からされており、柄が薄くなっているところなどが見られます。
それも素敵な味です。

 クレイユの刻印がそれぞれに。

 これはパリの医学部の校内。
渋いですね。
パリはエッフェル塔や凱旋門だけではなく、素晴らしい建物がたくさんあります。
この左側の影になっているコントラストとシンプルなパースペクティヴもカッコいい。


 こちらはまた、アンヴァリッドの内部です。
丸皿タイプ♪

 この当時にはまだナポレオンの棺は置かれていなかったのですね。
当たり前ですね、まだ生きていらっしゃった事でしょうから。笑

 そして、この上のと下のお皿。
似てますが。
違う建物なんですよ!
上はカルチェラタンにあるパンテオン。
下は先ほど内部を見たアンヴァリッドの概観です。

 19世紀にはこのタイプの建物が多く見られたのですね。
ドーム型の屋根。
素敵です♡

いろいろウンチクをたれてみたいのですが、もうバタバタ作業で疲れましたので、とりあえず明日の更新で詳細をご覧くださいませ。m(__)m

今晩は相方に付き合ってまた、サーカスを見に行かなくてはならなくて。
(マルセイユでサーカスのビエンナーレが行われていて、チケット取っちゃったらしいので。笑。サーカスと言ってもスペクタクル的な演劇っぽいものもあります。)
ですので昨日は夜遅くまで更新準備をしておりました。
ちょっと更新に間に合わないものがまたできてしまいましたが、予告した分はきちんとお出しできます。ホッ

どうぞお楽しみに♪
!(^^)!

店長 イデコ

グルニエイデコのオンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/


2015/02/11

アンティーク界の王道 カフェオレボウル特集☆

これで何回目になるのでしょうか。
やっぱりカフェオレボウルは素敵です!

もう早速どんなものがあるかお見せしちゃいますね。ルン♪ o(≧▽≦)o ルン♪
店長が興奮してどうする。笑

 赤とブルーのコントラストがかわいいボウルたち♡
シミがあったり、ヒビやカケが見られたり。
カフェオレボウルはフランス人も大好きで、日常に的に毎日毎日使われてきたものがほとんどです。
新品みたいなカフェオレボウルには滅多に出会えません。
コレクショナーの方ならば、そんな事はご存知ですよね。!(^^)!

 こちらは、グリーンと白でまとめてみました♪

 なかなか見られない珍しいものと、南仏のボウルも。
(右二つはサルグミンヌ、左は南仏ガール県のヴィンテージボウルです。)

 カントリー柄やロマンティックな柄も♡
この中にはきれいな状態のものもありますよ♪

グリザイユや白い教会のブイヨンボウル。
左上のはクレイユモントローの小さ目サラダボウルと左下のはショワジーのおままごと用サラダボウル。
キズやヒビや、状態は様々です。

 ヒビが入っています。
っていきなり脅してどうする?
でも、貫通したヒビは1ヵ所のみ、それ以外はご覧のとおり比較的良い状態ではないかな、と思います。
クレイユモントローらしいうっすら青い釉薬のきれいな白です。

美しいレリーフの持ち手の左側にヒビ、フタのつまみの部分には小さなカケが見えていますね。

 でも、美しい。。。
クレイユモントローのブイヨンボウル。
ふぅ~~~(溜息)

キュノワもこのサイズならブイヨンなどに。

でもどちらかと言うとモツの煮込みが合いそうな。。。笑
酒飲みの意見ですみません。

以上の商品はもうじきグルニエイデコのオンラインショップにてご紹介させていただきます。

グルニエイデコのオンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/

2015/02/10

キュノワ、キュノア、キュノワール 今回は少しだけでも味のあるキュノワたち。

次回の更新でUPする予定のキュノワールをご紹介します。



まずはカップから。
アンティークファンの方ならカップはご存知の方も多いかもしれませんね。

こちらのお品はデミタスカップのように小さなものではなく、マグカップのように大きなものでもなく、コーヒーカップの大きさです。
手にしっくりとなじむかわいいサイズです。

 貫入が素晴らしいでしょ?
なぜにキュノワはいつもきれいな貫入が入るのでしょう。
ほとんど貫入のないものも扱ったことがありますが、初めの貫入がどんな風に入っていくのか一度見てみたいです。

 キュ(尻)の部分にはあいにくカケは見られますが。
それ以外は比較的良い方の状態ではないかと思います。

 そして、珍しいパテポット。

 内側の白い釉薬が不思議なテイストになっています。
マットな感じで艶はなく、ス(小さな穴)が開いています。
外側はツヤツヤで、なんとも言えず美しい色です。

 丼ぶりサイズのボウルが2個。

 内側に2点キズのあるものと。


 きれいなもの。
サイズなどは更新時に確認くださいませ。

 そして、土鍋。

え、

土鍋って。(*_*)笑

 でも、これ、土鍋ですよね。
日本の古い土鍋だったりして?

 しかもすごく芸術的な貫入の入り方!

 裏は丸焦げ。笑

 あいにく、大きめのヒビがあります。
それでも使われていたようですが、強火などで長時間は避けた方が良いかと思います。

 美しいでしょ。
こんな土と釉薬の作り出す時の芸術。

 釉薬の乗り方も不器用に。

 もしくは芸術的に。笑

 美しいんです。
ヒビをどうにか修復してから使うか、熟していないフルーツを乗せておいたり。
どんな風に使いましょう。。。♡

きれいなので、もうちょっとお見せしますよ。

そして、この下の写真はキュノワールではないのですが、雰囲気やお色がとてもキュノワールにマッチして合わせやすいお皿です。


花形リムの田舎風のこのお皿は、南仏のガール県のお皿です。
20世紀前半のもののようです。


 キュも表も同じ色です。

 シミはあったりしますが、新品ではありませんので。m(__)m
と~~~っても渋いお皿ですよ。

 美しいキュノワールたち。

次回の更新でUPします。


グルニエイデコのオンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/

ギャルリーイデコの方にウサギのテリーヌポットを載せています。
http://galeriesideco.blogspot.fr/2014/12/19-cul-noir.html