2015/05/27

フランスアンティーク パニエ風陶器いろいろ♪♪♪


パニエはフランス語でバスケットの事です。
日本語で言う籠ですね。笑

南仏ピション窯のパニエ陶器は有名で、古くから代々ピション家の人々によって作られてきました。
現在でも作られていると思いますが、私は1940年頃の素朴でかつ重々しい威厳のあるものと、洗練されて女性らしいデザインの1980年頃のものが好きです。

でも、今回ご紹介するものは、大変珍しいタイプで、お花の飾りの部分がお花ではないようです。
なんでしょうか、このモチーフは。。。

葉っぱ?



 しかも土自体の色がいつもの白っぽいものではなく、こげ茶の粘土です。
黒っぽい茶色が透けて、魅力的なパニエのコンポティエです。

 今はアージル(黒っぽい粘土)を使った商品はないように思いますので、試作品だったのでしょうか。

 次は真っ白なパニエ陶器。
ポプリを入れたりするもののようです。
フタがあったようですが、このままでも素敵です。
マリコルヌ窯のエミールテシエの作品です。
20世紀中頃のもので、陶芸家のエミールテシエは既に他界しております。
現在のマリコルヌ窯のものは、もっとシンプルで機能的な作りではあります。
でもこんな風に手作りの良さが感じ取れる個性的なお品は、やはりエミールテシエの手によるものだから。

 とても個性的な陶器たちを集めているファンもヨーロッパにはいるようです。
このポプリ用陶器も大変個性的なものの内のひとつです。

  お花を飾っても良さそうですね♪

 それから、前回ボルドーのコレクターさん宅で見つけてしまったパニエ陶器。
繊細な葡萄柄のパニエです。
やはりエミールテシエの作品です。

このような複雑な作りができるのは、エミールテシエしかいなかったのでしょうね。
今の弟子と言われている人たちの商品はもっとシンプルです。

 とても味のある。

状態も大変良いものです♪
何を入れましょう?


グルニエイデコのオンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/

19世紀ランベルヴィレー窯の白いレリーフ皿 入荷しています♪

手に入りにくくなった、ランベルヴィレー窯の白いレリーフ皿。
今回は3枚入荷しています。



 製造時の黒い点などありますが、大変きれいな状態です。




入荷したうちの3枚は、
1枚にはヒビが見られ、これはこのブログには載せていません。
もう1枚には表面に黒い点が見られ、このページの最初の写真3枚です。
最後の1枚には裏に黒い点が見られ、最後の方の写真2枚です。

この2枚は大変状態が良く、ツルツルの表面です。
レリーフはふんわり優しい雰囲気のレリーフです♡

詳細はこちらから♪
http://ideco.ocnk.net/product-list?keyword=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%83%BC&x=0&y=0


新商品UPしました♪ 2015/05/27

今回のお品物は、南仏陶器や


 燕柄の雑貨たちと

 白い食器や


キュノワールなどをご紹介しています♪

どうぞごゆっくりご覧くださいませ。(*^^*)

店長 イデコ
http://ideco.ocnk.net/

モリニーニョの再入荷です♪

ココアの撹拌棒、モリニーニョを再入荷しました♪

デッドストック品ですので、在庫に限りがあります。
お早目にどうぞ♪

長さ21.5㎝のタイプ
http://ideco.ocnk.net/product/2831
長さ32㎝のタイプ
http://ideco.ocnk.net/product/2832


左のヘラタイプは1点のみとなります。

デッドストック品です。
またフランスのアトリエで作られていたものですので、作りにムラが見られます。
完璧な作りとは言えませんが、木製の良さを感じるお品です。

こちらでご紹介しております。
http://grenier-ideco.blogspot.fr/2015/03/blog-post_20.html


2015/05/26

フランスアンティーク 美しい聖母マリア像 など

これほどに美しいマリア様像に出会うのは、久しぶりでした。
探していない事もあったのですが、探してもなかなか出会えるものではありません。

残念ながらカケがところどころに見られ、お顔の鼻の部分もカケが見られます。
それでもアンティークとしては大変魅力のある素敵なお品です♡

 高さ約32㎝
ピエラッチーニ作の1900年頃のマリア様像です。
お値段は18400円です。

 色の変色なども見られますが、総合して味のある素敵な雰囲気になっています。

 こちら側のダメージが多く、

 お鼻もちょっと欠けてしまってはいるのですが。






 彫刻家のサイン入り。
彫ったものではなく、型に取って作られたものです。
石膏製で漆喰のコーティングがされているようです。

 横顔も美しく。


 とても優しい雰囲気の聖母マリアです。

先週、グルニエイデコのお荷物がたくさん税関で止まってしまっていたようで、初めての行方不明の荷物発生か!?と心配しておりました。
その際にこのマリア様にお祈りして、少し気持ちが軽くなりました。
なんとなく、助けてくださるような力を貸してくださるマリアさまだな。。。とイデコは感じております。
思い込みかもしれません。

まだ実は明日の更新準備が全部終わっておらず。。。
明日の更新をご覧いただければ幸いでございます♡

それから、ブロカント雑貨ものはこんなものもありますよ♪

 小さな額に入ったイタリアルネッサンス絵画のフィリッポリッピの絵が基になった、ヴィンテージのスーベニア品。

 シャビーな塗装がされた古い木製のフォトスタンド。

 アンティークセルロイド装丁の聖書。
キリスト教の祭日についての詳細が書かれています。

 フォレノワールの木製BOX。

 漆喰の装飾が美しい木製BOX。

 扉に取り付ける用のレター口。

 菫とミモザのモシュリンヌBOX

すべてのお品ものたちがお待ちしております~

って、更新準備が終わっていないところが怖い。。。
徹夜でも終わらせます。

店長 イデコ!(^^)!


2015/05/25

フランスアンティーク雑貨 ツバメ特集 ♪♪♪

南仏では6月にはるとアフリカから渡ってくるツバメたちがたくさん見られます。
このブログを書いている時点ではまだ見かけませんが、もうすぐフランスにきてくれるかわいいツバメたちを楽しみにしているイデコ店長です♪

次回はツバメ特集です。

 このツバメもの。
人気がある事と、生産数が少ないものが多く、ここまで集めるだけでもかなりの時間がかかりました。
ツバメは、幸運とかチャンス、自由などの象徴とされてとても愛されています。
1900年頃から1920年頃にかけて、ツバメグッズが流行ったのもそのおかげなんでしょうか。
ヤドリギの次に流行ったのがこのツバメです。

 ジアンの鍋敷きに2羽のツバメが先頭に立って飛んでいるのが見えなますね。
まさに旅の途中のような。

 そしてバカラ製のクリスタル製グラス。
シャンパンクープが2客と



 グラスが2客。
。。。
どこにツバメがって?

すみません、イデコ店長はガラス系の撮影が下手なんです。
きちんとした機材もないために、この程度の映りになってしまうんですが、実物はと~~~っても美しいクリスタル製のグラスなんですよ!!!

 やっと撮れたショット。
かわいいでしょう、ツバメちゃん。

 そして、手描きで青いエナメル加工が施されているアールデコ調のフラワーベース。
ゴブレットみたいに見えますけれど、高さが約16㎝ある花瓶なんですよ。

 内側から見ても、元気に飛んでいる姿のツバメたちがかわいい、

 白いドットもまたかわいいお品です♡
アールデコ調と言われてもこんなにポップでかわいいデザインもあったんですね。

 そして、貫録のある大きなジャルディニエールはリュネビル窯のもの。
植物を入れるプランターとして、またこのままでもとても絵になるお品です。
幅39㎝ 奥行16㎝ 高さ15.8㎝のオーバル型です。

 フランスの水辺の村を飛んでいるツバメたちがかわいいでしょう?
やさしいブルーのグラデーションも素敵です♪

 花瓶タイプもあります。
芸術作品のように、すばらしい美しさ。

 花瓶の裏は違うデザインになっています。
ジャルディニエールの方は両面同じデザインです。
高さ30.5㎝!

 小さな雑貨を見つけるのが大変。
でも1点だけツバメもの、手に入りました♪
古いポストカードです。
使用されていて、裏には良いお年をの意味のBonnes Fetesの文字が入った文章が書かれていました。

スミレが馬蹄の形になっていて、中央に燕がとんでいるラッキーアイテムが集まったカードです。

 上のカードと色合いが同じのパンジーのベロアの造花(コサージュだったのでしょうか)は、裏にPARISのエチケットが付いたままの大切にしまわれていたお品。
長い事イデコの家で癒していただきましたが、今回ツバメさんと一緒に手放すことに。

どれもこれも近くに置いておきたいものばかりではありますが、
以上の商品は、間もなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします!

お楽しみに♡

店長 イデコ
グルニエイデコのオンラインショップ