2016/03/05

バルボティーヌ特集♪♪♪

なんだか春めいてくると思い出す。笑
バルボティーヌ!

きっと柄にきれいなお花とかが多いからでしょうか。

今回も素敵なバルボティーヌをご紹介いたします♡

古いサルグミンヌの4つのお花のバルボティーヌ。
左上のお花だけ不明なんですが、左下は薔薇、右上はコクリコ(ポピー)、右下はアザミ。
と全部個性も人気もあるお花ですね。
思いっきり大胆に一輪のお花が中央にあるデザインはとても新鮮です。

 アスパラ用のステキなお皿や。


比較的最近のイタリアのもののようですが、アーティチョークのお皿。
お刺身を乗せてみたくなります。
っていうか、お刺身がないんですけどマルセイユ。。。


 バルボティーヌと言えばオネン釜。
今は無きオネン釜ではたくさんのバルボティーヌが作られていました。
この薔薇3輪のお皿も有名ですね。
やっぱりかわいい♡


そして、珍しいモントローの葉脈レリーフのお皿も。
何が珍しいって、クレイユではなくモントローなんです。
全く同じ作りのクレイユのお皿もオンラインショップの方にありますが、モントローの方が作りが丁寧でしょうか?
職人さんによるのかもしれませんね。


 半月と数字の入った古い刻印。


 カフェオレボウルで見たことある、ショワジーのリンゴのバルボティーヌのお皿。
桃かと思っていましたが、リンゴなんですね?


 同じくショワジーのアイリス。
かな?
葉っぱの形が菖蒲なのか蘭なのか他の花なのか悩ませますが、一応菖蒲(アイリス)という事にしてみてます。

 サンタマンのオレンジの実とオレンジの花。
かな?
実際実がなっている時にはお花は見られないと思いますが、まあかわいいデザインですので♡笑


 フランボワーズもあります。
こちらは中央がでこぼこしていなくて使いやすいかと思います。


 サルグミンヌの小鳥のバルボティーヌ。
赤い実の方はヒビがあります。


黄色い実の方は美品です。


 珍しいところで言えば、アールヌーヴォー調のラヴィエ。
長い髪が揺らいでいますね。
お花に囲まれて♡
独特です。

 ビレロイ&ボッホのバルボティーヌ専門工場で作られた小さ目のお皿。
レースのような透かしレリーフが素敵です♪


かわいいかわいい、デイジーのたくさんあるバルボティーヌ皿。
窯は不明。

お皿以外には
 いちごとサクランボのかわいいカップ&ソーサー。
サランと言うやはり今は無き窯のお品です。


ショワジーのデミタスカップ♡(*^^*)
これはお皿やボウルで見たことある方もいらっしゃるかと。
とても小さなエスプレッソ用のカップです。


いろんなバルボティーヌ。
状態は比較的良いものが多いですが完品はありません、オンラインショップで詳細をご覧くださいませ♡

店長 イデコ(*^^*)