2016/11/30

新商品UPしました♪ 2016/11/30

今回は聖なるクリスマス特集です!

お馴染みになってきましたヤドリギ柄の商品。

 ヤドリギ柄の食器たち


ヤドリギいろいろ♪


白いポーセリンにヤドリギの柄も素敵です♪


 ヤドリギのポストカード数点。






 ナポレオン3世時代のオブジェたちや


 教会のキャンドルスタンド。


 マーキュリーガラス数点と

 マリア様

 ルルドのお皿



などなど、いろいろご用意してお待ちしております💖

あの方へクリスマスのプレゼントとして、
またはご自身の今年のご褒美として💝

点数も多く、素敵なものばかりを集めてご紹介しております。
どうぞごゆっくり蚤の市を覗く気分でご覧になっていってください♪


店長 イデコ(*^^*)

2016/11/29

ノエルを厳かに。 マーキュリーガラスとナポレオン3世時代のアンティーク♪

次回更新するお品ものたちのご紹介です♪

ナポレオン3世時代のオブジェというと、黒っぽいものが多いですよね。
黒いオブジェはインテリアがとっても引き締まります。

美しく厳かなオブジェたちです♪


不思議な魅力を持った輝きのマーキュリーガラス。
銀製品使用禁止から生み出された苦戦の技だったのでしょう。

内側に銀又はマーキュリーがコーティングしてあるのですが、初期のものは洗ったりするとマーキュリーがはがれ落ちてしまいますので、洗いませんように。

上の写真にある螺旋型レリーフの小さめのものが2点。
こちらは比較的良い保存状態です。

 上の写真のキャンドルスタンドは少し大き目ですが、内側のマーキュリーの剥がれや蝋の垂れなどが見られます。
こちらも2本あり、2本目はどうしても取るに取れなかったアルミホイルが上の方に詰まっています。
でもそのおかげで少し風化が防げているようです。笑





 もうひとつ別の形のキャンドルスタンド。
マーキュリーの剥がれは見られますがきれいな輝きです。

 マリア様像も2点。
上の写真のマリア様は地球の上に立ち、悪の象徴とされている蛇を踏みにじっています。
また、手を前に組んでいるマリア様。
下のベースの部分にマーキュリーの剥がれや曇りが見られます。


 もう1点のマリア様は、やはり地球の上に立ち両手をかざし(光を放っているのですがそこまではガラス製のオブジェでは表現するのは難しいですね)ています。
悪の象徴の蛇を踏みにじり、地球にはきれいな小さな星がいくつかついています。

 香水の入っていただろうミラーボックス。
これは20世紀中頃でしょうか?


 黒いパピエマシェに小さな星がいっぱい散りばめられたトレイ。

 ランジェ窯のブドウレリーフのミニチュアフラワーべース。
2点あり、小さい方はダメージが多し、です。
写真ものは大きい方。
(大きいといってもミニチュアなので小さいのですが)

 美しい鋳物製の聖水盤。
右上のは黒っぽく、左のはブロンズっぽいお色です。






パレットの形をした額付きミラー。
額のフォルムが美し💖
後ろにあるはずの立てかけ用のパーツが取れています。



 鏡の風化も。
素敵♪
(写っているのは天助の飾りです)


ナポレオン3世時代らしい、ダゲレオタイプ写真用の額。
これは、ギャルリーの方でご紹介させてくださいませ。
次のブログでギャルリーの進行状況をお伝えいたします。
ギャルリーイデコで紹介は致しますが、ご購入はグルニエイデコのオンラインショップでお買い上げになれますので、お焦りになりませんように。


 そして、黒と光沢のピンク~パープルっぽい素敵な色の組み合わせのコーヒーポット。
状態よろしいです。
サルグミンヌの古いものです。

ムスティエか、ニーデルヴィレー窯あたりだと思いますが、これはナポレオンではなく18世紀のもの。
全体が壊れて修理されています。
飾って眺めるだけでも喜んでいただける方へ♪


 美しいジャルディニエール。
(テーブルセンターに飾る用のプランター)




 教会のキャンドルスタンドについていたのだろうなぁ、と思わせるパーツたち。


 羽根も素敵ですね♪


 その教会のキャンドルスタンドは1点のみ。
取れてしまったパーツなどが見られます。


 美しいですね~~~(*^^*)

 月曜日中にブログアップしたかったのですが、間に合わなかった~(+o+)

ということで、まだ更新準備全部終わっていません!
もう更新日時は告知してしまいましたので、頑張りますっ!
(12月は更新がありませんので多めにUPする予定です。)

(;´・ω・)汗・・・

以上の商品たちは間もなく更新のグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします。
お楽しみに♪


店長 イデコ(*^^*)
http://ideco.ocnk.net/

PS:お問い合わせへのお返事は更新後になってしまう可能性が大です。
更新後の商品の詳細をごゆっくりご覧くださいませ。m(__)m


2016/11/24

ヤドリギ 宿り木 やどりぎ ♪♪♪ 素敵なヤドリギの食器でノエルを♪

ヤドリギの柄の食器たちもなかなか集めにくくなってきています。

それでも!

がんばりました~(*'ω'*)
うふ♪


おなじみのものもありますが、

 こちらはおそらくルグラ社のエンボスのガラスにエナメル加工がしてあるビスキュイバレル。

ビスケットを入れておく用のガラスポットです。
コレクターもいるようで、なぜかビスケット用のポットってお高いんですね!

 しかもこれ、ヤドリギ柄ですよ~~~。


 しかもこれ、状態良いですよ~~~。
(*^^*)

 リモージュのミルクポット。
真っ白なポーセリンが清楚な雰囲気ですね♪
レリーフも素敵です。


 ピュリヴィ社製のポーセリンのサラダボウル。
ロココ調のレリーフに素敵にしなるヤドリギちゃんが散りばめてあります。


 素敵すぎる~~~(#^.^#)

 ラヴィエ(アペリティフ用の小さなお皿)は2点。
少しづつ柄が違うので①と②とあります。

 お皿も3枚。

裏を見ると1900年のパリ万博で賞を取ったとあるので、その直後のものなのでしょう。
当時のものとしては、とても洗練された美しいデザインです。

 100年以上たっているとは思えない美しさです。
古いものですので、表面にはキズなどはあります。

 パープルのヤドリギはサルグミンヌのお皿になります。
ぷっくりした白い実がかわいいですね。
見ての通りカケはありますが。。。


 お馴染みのバドンヴィレーのヤドリギのお皿。
複数枚あります。

 一見して分かりずらいのですが、裏にアクシデントの跡があったり、完ぺきではありません。
比較的良いものが2枚と、難ありが5枚。
その5枚もほんと難が分かりずらいと思います。
お安くお出しします!

 こちらもお馴染み、
になりましたね。

 はじめは珍しかったのですが、持っていらっしゃる方も増えました。

でも、またいつか貴重なものになるに違いないリュネビル窯のラシュナルのデザインのヤドリギです。

 このグリーンと水色のぼかしの濃淡がたまらないですね!
美しいデザインです♡

 こちらも完ぺきなお品ではありませんので、今回お安めにお出ししますよ!


 ヤドリギと言えば、銀製品も多く作られていましたね。
こちらは大型のカトラリーセット。
肉切り用ナイフと大きなフォーク、そしてくるみ割りのセットです。
持ち手がミネルヴァの刻印の入ったスターリングシルバー、ナイフの刃は鋼鉄製、フォークとくるみ割りの先端はシルバープレートかステンレスのいずれかのようです。

 コーヒースプーンも♪
ヤドリギ♪
ですよ~~~💛

 表も裏もヤドリギの柄が入っている嬉しいお品♪

 ここにもヤドリギ💖

 ここにも💛

 かわいいですね~もう。


 そしてナプキンリングのセット。
1900年頃の結婚式の贈り物にはぴったりのお品だったのでしょうね。


花嫁と花婿の名前のモノグラムが入り、素敵です💛


 食器以外にも、木製の箱、

 錆び錆びですが、大型ペンダント(錆びるので鋼鉄でしょうか)
チェーンは軽量メタルです。
オーナメント代わりにしたり、チェーンの代わりにリボンなど付けて飾ったりしてみてください。
ペンダントとして使うにはさび落としてから磨くなどのお手入れが必要です。


 オモニエール。
巾着型のバッグです。
がま口部分にヤドリギちゃんが!

 ペーパーナイフと

 シーリングスタンプもあります♪

シーリングにはイニシャルの付いた部分がありませんので、ご自身のイニシャルでシーリングスタンプを作ってもらうといいと思います💖

どれもクリスマスのプレゼントにふさわしい。
お友達や大切な方に?

お友達にはもったいない(笑)方はご自身用に♪
今年も頑張ったね賞を贈りましょう。(*^^*)

皆さまも素敵なクリスマスの準備を楽しんでくださいませ💖



以上のヤドリギのお品ものたちは間もなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします。
http://ideco.ocnk.net/

店長 イデコ(*^^*)

週末までには次回の更新日時の載ったメルマガを配信させていただきます~