2016/12/30

2016年のノエル パート②

82歳の義父母の家に到着すると、クリスマスツリーが飾ってありました。


今でさえ、ツリー飾るの面倒くさいと思うのに、82歳でクリスマスの準備って結構大変だと思います。
ツリーの下にはプレゼントを並べて♪
ありがたや~(*^^*)


 私たちのプレゼントも並べて。
なんだか豪華に見えますね。(*^^*)


 書斎の中もちょっとクリスマス風?
3人の東方からキリスト誕生に訪れた王様たち。

 マリア様かなぁ?

 王様

 王様と、王様より大きい羊たち。笑


 お食事の準備が始まりました。
みんなでお手伝い。
この日はイヴの夜です。

 赤をポイントにかわいいデコレーションです💖

 おもてなし用のリモージュの食器と、シルバープレートのカトラリーたち。

 メインのお肉も焼けました♪
どかーん。

 前菜はアボカドとサーモン。
いつもフォアグラでいきなりお腹が重くなる食事とは違い、これは良い始まりだな~と思いました。

 アペリティフにいただいた食前酒はこちら♪

 ピノォ・デ・シャレント。
赤と白があります。

 お肉と野菜を付け合わせて。
と、手伝っていたら写真撮り忘れました。。。苦笑


 ワインもおいしくいただき。(*^^*)

デザートに行く前に、プレゼント交換会。笑
なんだか子供のころを思い出しました。

フランスに来て、このような本格的なクリスマスは実は初めてで、いつも相方と相方の子供たちと比較的静かでシンプルなお食事会みたいな感じでしたので。
今回はクリスマスに初めて義父母の家に、相方の子供たちと相方の妹夫婦と合計8人のにぎやかなものとなりました。

義父母も子供たちも嬉しかったようです。
相方も実に何十年ぶりでの義父母宅でのクリスマスとなりました。
いつもクリスマスに来なさい、来なさいと誘ってくれていたのに、遠くてなかなかいけなかったのだそうです。


 翌日のお昼にシャンパン。
キリストが誕生した日ですから、シャンパンで乾杯♪

 また、すごいお肉が。。。!
あ、そうなんです。
パイの中に牛肉が入っているんですよ!
オーブンで焼いています。

食べごたえありました。
また盛り付けた写真を撮り忘れました。
なにしろ取り分けとか忙しく、写真撮っている暇なしで。。。笑

25日も無事に過ぎ、26日の朝にはボルドーからマルセイユへ出発です。。。
もっとゆっくりしても良かったんだけど~~~。


  ボルドー市内でお昼。


Petit Commerceというにぎやかなビストロです。
http://lepetit-commerce.fr/bordeaux-la-carte-carrade


 みんな嬉しい様子で、マルセイユへ戻りました。
赤いのは夕焼けなんですよ、とってもきれいでした♪

人数が多い分、プレゼントもたくさん、いいものいただきました。(*^^*)
😁

 翌日郵便局へ行った帰りに、木の枝にとまっているルルとルンバの子供たちの姿がありました。


ルルちゃんは抱卵中&子供たちにうちのベランダを知らせたくない様子で夕方に1回しか顔を出しません。
今年生まれたばかりの甘えん坊さんですが、親となりだんだんしっかりした顔立ちになってきました。

だけど、相変わらず餌の上を歩いてしまうルルちゃん。
たくさん食べて帰りました。笑



皆さまも素敵なクリスマスを過ごされましたでしょうか💖

今年のクリスマスはイデコにとってはここ数年にない、素敵なクリスマスとなりました♪
こんなだったら毎年でもいいな💖


2016年のノエル

ボルドーの義父母の家へ出発する前、マルセイユのたまたま入ったタパスでトリュフクリーム入りのラヴィオリを頼むと、
クレイユエモントローのお皿に乗っかってきました。
思わず感激♪笑



翌日早朝にボルドー着。

 空港でワインボトルに迎えられ。笑

 義父母の家へ行く前にアルカッションの砂漠へ。
海岸近くにできた砂の山なのですが、ここだけなぜか砂漠という。。。
お天気が悪く雨でしたので、遠目に見るだけでした。

足跡が見えますね。



 松の林の奥はアルカションの海。


 雨だけあって寂しい風景ですが、夏は人でいっぱいになるんでしょうね。


 そのあと急ぎ足でサンテミリオンへ。
町の教会♪
ステンドグラスがきれいでした💖

 シンプルな柄にも家にはクリスマスの飾りつけがしてあります。


 ワインショップがたくさんあり、クリスマス前で殺風景なサンテミリオンの町もワイン関係のお店だけはしっかり開けておりました。

 レストランは2件くらいしか空いておらず、そのうちの1件でハンバーガーをいただきました。笑


 あちこちにワインの文字が。。。



 この建物で義父母のうちに持っていくワインを購入。


ペトリュスの年代物のワインがおいてありました。
なんと2260ユーロのものまで!(1本26万円くらいでしょうか。。。???!)
思わずお写真を。笑

あ、もちろん購入したのはこちらではありません。
ご心配なく。

どういう心配なんだか。





そして義父母の家へ向かいます!


2016/12/23

" SPIRITUELLES ODYSSEES " 写真:Eric PETR

En fransias a la fin de cet article !

アブストラクトフォトにご興味のない方は、パスしてくださいね♪笑
でもイデコの旦那はどんな写真撮っているんだろうと興味ある方は、サイトでも少し見れます♪



主人が初めての写真集を出します!
タイトルは ”スピリチュアル・オデッセー”
エディターさんと主人の共同出版という形になります。

写真集のお値段は32ユーロ。
フランスから日本までの送料込みです!
日本への到着は3月上旬になると思います。

間違いを避ける為、英語がわかる方のみになります。。。
日本語での表記がなくてすみません。。。

ご予約はこちらから♪(*^^*)
https://www.kisskissbankbank.com/en/projects/spirituelles-odyssees-eric-petr-livre-photographique

右側のブルーのボタンBack the projectをクリック → 32ユーロ → 右上の青いボタン"OK"をクリック → Loginのすぐ下の create an account をクリックしてアカウント登録します。
お名前やご住所はローマ字でご記入くださいね。🙏🏻❣️ 
国名JAPONも忘れずに♪


最後に、 i agree the term にチェックを入れ、その下のチェックを入れるボックスはこのサイトのニュースレターへの登録なので、欲しくない方はチェックしないで下さい。
その次にクレジットカードでの決済となります。

また、他に金額がいろいろ選択できるようになっているのは、サイズ違いの写真も一緒に購入できるのです。20ユーロ、50ユーロ、85ユーロ、195ユーロの写真とあります♪

いっぺんにオーダーできないようですので、お支払いを終えたら新たにオーダーしていただく形になります。m(__)m


そんなに難しいことはないと思うのですが、どうしても写真集を欲しいが買い方が分からないとおっしゃる方は遠慮なくイデコにメッセージ送ってください♪

日本までの送料も込みですよ~♪♪♪

PS:ちなみに本を購入しなくても写真だけでも購入できます。
この写真だけ欲しい場合は20ユーロです↑

スピリチュアルですね~。。。


イデコ(*^^*)



追記2017/1/3:

日本からのご購入がないですよ~!!!
インスタやFacebookでいつもエリックの写真にイイネしたり、コメントくださっているあなた!
あなたですよ!(^^)!
是非エリックの写真集ご注文くださいねー!
送料無料ですから、お気軽にお申し込みくださいね!
もしくはイデコにご連絡を💖
お待ちしております!!!
https://www.facebook.com/photography.ericM/
ありがとうございました。m(__)m



Photo book d'Eric PETR sortira en fevrier.

Pour les fans d'Eric sur Instagram et Facebook,
Je vois que vous n'avez pas encore commander son premier book !!!
Allez vite acheter son livre !!!
Vous faites "like" tout le temps pour lui et laissez souvent des commentaires sur son instagram !
Tout le monde vous connais !
Si vous aimez vraiment ses photos, soutenez le et commandez son book " SPIRITUELLES ODYSSEES"
On vous attend !!!
https://www.kisskissbankbank.com/en/projects/spirituelles-odyssees-eric-petr-livre-photographique

On vous souhaite bonne annee de 2017 !
MERCI !!!!!!!!!!!!!!!!!
https://www.kisskissbankbank.com/en/projects/spirituelles-odyssees-eric-petr-livre-photographique

On vous souhaite bonne annee de 2017 !
MERCI !!!!!!!!!!!!!!!!!

2016/12/20

マグダラのマリア サンマクシマン聖堂

トロネ修道院の後に立ち寄った、マグダラのマリアの頭蓋骨が収められている聖堂。
ここには、もう何回来たことでしょう。

町は退廃的で、柄の悪い移民の人もいますが、この聖堂は見逃せません。
(すべての移民が柄が悪いのではなく、柄の悪い移民がいるということです)

 青空!

 広い広い聖堂です。

大きな石の聖水盤の中に、陶器のお皿がありました。
石に直接だと水が漏れるとか、もしかしたら風化を防ぐためかもしれません。

 かわいいデザインの南仏陶器らしい赤土色のかわいい容器でした。

 キリスト誕生の場面を再現するクレーシュも、等身大のものではなく小さめの人形サントンで飾られています。

そして、赤ちゃんのキリストは、誕生する12月25日に置かれるのだろそうです。
以前マルセイユで見た際に、生まれたキリストがいないのを見て「マルセイユだから盗まれたんじゃ!?」と思っていたら、そういう事だと聞きました。笑

大きく豪華なパネル。


 歴史を感じる聖水盤はホタテの形。


 入り込む光も美しく。

 12月らしくクリスマスツリーも飾られていました。


 そして目を引くのがこの金色に光った豪華な装飾。

太陽王の名のついたルイ14世が訪れた教会や聖堂には、この太陽のような形の豪華な飾りが見られるのだと以前聞いたことがあります。

 すごいですよね、これ。。。
王様の為に作られた装飾。。。

中央にはステンドグラスで、精霊のシンボル白いハトが見えます。

 このマリア様も輝く金色で、なかなか見られない豪華さです。
こちらは19世紀の際に王族の方が訪れた際に置かれたようです。

そうでなければマリア様がこんな豪華な格好でいるはずがないですよね。笑


 見つめられました。(*'ω'*)

大丈夫。

「見ている人は見ています。」 笑


 お花とキャンドルのコンポジションも美しく


 パイプオルガンも迫力あり。



そして地下の礼拝堂に。。。




 この柵の裏に。。。


 マグダラのマリアの頭蓋骨が。。。

収められています。





タイルも素敵に♪



礼拝堂には一人佇んでいるムッシュがいました。
何かを考えているようにも、眠っているかのようにも、見えました。

外に出るとまた、青空!

と、
ルイ14世が通ったほどの歴史を持った町なのに、柄の悪い人たちの横を通りながら、車へ。笑